舌バカ

風邪を引いてしまいますと、頭がぼんやりしてしまったり、寒気が出たり、喉が痛くなってしまったりと、個々で症状が違ってきますが、私の場合は味覚がおかしくなってしまいます。
 
まあ、ハッキリ言ってしまえば“舌バカ”というわけですが、甘みや辛みなど味がハッキリしないと分からないのです。
薄いと何を食べているのか分からなく、美味しさも感じなくなります。
こういう時に料理をすると、いつも以上に味付けが濃くなり、味覚の温度差が出てしまいます。
ただ嬉しいこととして上げてしまうと、味が濃すぎていつもは食べることができない食べ物に関しては、こういう時にしか美味しく食べることができないので、口内炎や喉さえ痛くなければ、チャンスと思って堪能しますね。
普通なら病気になればなるほど、物事マイナスに捉えがちになりやすいけど、こういうことに関しては前向きになってしまうので、こういう“舌バカ”はOKかも!!
高島屋おせちは、体調が良い状態で食べたいので、年末年始までには“舌バカ”も改善したいね。